【日報表の確認】

業務

〇診療後の確認

①カルテに書いているNo.を書く
②患者さんの氏名
③保険の分の料金(現金のみ)
④自由診療の料金(クレジットで支払い⇒クレ黒、paypay⇒ぺ、と書く)
⑤担当者のイニシャルを書く
⑥パーキング
⑦次回の予約日
上記のように、全ての患者さんの記入が終わったら、売上の計算を行います。

~計算の仕方~

⑴窓口料金=保険診療
⑵自由診療(現金だけ、全部)
⑶備品(テーピングなど)
⑷ペイペイ、クレジット黒
⑸パーキング使用
⑹保険診療+自由診療+備品-パーキング代=現金のみの合計
⑺診療前の朝のレジ金額、不明金=備考欄に不明金の記入がある時のみ、備品等の購入金額
⑻合計=⑷+⑹

このように、今日の売上を日報に記します。
そして、(診療後のレジ金額)-(朝のレジ金額)=⑹の現金支払いのみの合計
になっていたら、レジ締め完了です。
※レジの金額が合わなかった場合は、いくら多いのか少ないのか(不明金)を備考欄に書きましょう。



〇診療前に前日の日報確認

現金のズレを防ぐため、朝一で前日の日報の確認を行います。
金額は全て計算し、合っていたらチェックを付けます。

その際、上の⑴~⑻に関して、一つ一つ改めて計算し確認してください。
例えば、⑵や⑹、⑻に関しては、他の項目から計算できるものです。ですが、確実にミスがないように、改めて日報からその項目に該当するものを計算し、合っているかの確認を行います!